施工事例

杉浦伝宗様邸

神奈川県 川崎市



太陽電池モジュールは、住宅の屋根に設置するだけの用途にとどまりません。株式会社アーツ&クラフツ建築研究所代表の杉浦 伝宗氏は、2017年2月に自宅近くに、PVモジュールを壁面や屋根として利用したコミュニティハウスを誕生させました。
フレームレス両面ガラスモジュールの“Duomax”は、耐久性に優れ、30年という長期に渡る優れた発電能力を保証します。光を透過するPVパネルを採用することで、よりデザイン性にすぐれた設計が可能になります。

フォームにご記入いただくと、ケーススタディをダウンロードできます。


Case Study

ダウンロード